「素材」と「技術」に妥協なし

Scroll

オンラインショップ

Newsお知らせ

About未来農業ラボとは?

農業は人間が生きていく上で必要な食料を作り出す根源となっている。
ただその農業が直面している問題があります。
異常気象、後継者不足におけるノウハウの伝承、自然災害、流通、国内自給給率、価格競争、健康被害、安全安心・・・
そういう中で未来の農業がどうあるべきか?を考え、
次世代で農業が活躍できる橋渡しをしようと立ち上げました。

Concept室内型水耕栽培で
安心安全な食べ物を
年中いつでも

  • イメージ
  • イメージ

我々は、室内型水栽培(インドア農法) により年中いつでも安全安心な食べ物を届けたいと考えております。室内型なので、異常気象や自然災害にも強く、外の天敵の被害も受けにくいので、無農薬で安全安心な状態で届けられます。
またどこでも生産が可能なので、消費地近くでの栽培も可能で、流通の面でも大きなメリットが考えられます。
また温度コントロールが可能なので、 通年栽培が可能となり年中いつでも供給が可能となり、需要に合わせた輸入の施策も必要なくなります。

Vegetables&Fruits未来農業ラボで育った
野菜・フルーツ

Interviewご利用いただいている実例

Mint Bar HACCA

福岡市中央区大名1-4-28 2F

Our Vision廃校活用で地域貢献

未来農業ラボの農場は福岡県八女市にある廃校を活用した
「未来農業895」と台湾の「未来農業ラボ台湾」の2か所にございます。

未来農業ラボ895は、8(八女) 、9(黒木)、5(木屋) の頭文字をとって895としております。
廃校を活用し、火を灯すことで、地域に活力をあたえつつも、周辺農家さんとのコラボすることで
農家さんのノウハウを次世代へ届ける拠点としては最適な場所となっております。